12月に入ってどんどん日も短くなり寒い時期になると「冬至」を迎えます。

冬至っていつだっけ?

2017年の冬至は12月22日になります。

クリスマスの直前ですね。

では、この冬至の食べ物の風習で「ん」のつく食べ物を食べるといいと
言われていますが、どんな食べ物があるのでしょう?

そして、いったい何食べるの?  
何を食べれば幸せになれるの?と思いませんか?

今回は冬至の食べ物の風習「ん」のつく食べ物について、
何を食べたら開運に繋がるのかのお話をしていきます。

冬至の食べ物についてより理解を深め、冬至という日を改めて見直してみる機会になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

冬至の食べ物の風習について。どんな意味があるの?

冬至とは

冬至とは一年の中で日照時間がいちばん短くなる日のことを言います。

2017年の今年は12月22日になります。

別の考え方をすると夜の時間がいちばん長くなる日になり
冬至の日は「死にいちばん近くなる日」とも考えられていました。

その厄を払うために人は身体を温め栄養のある食べ物をとり、無病息災を祈っていました。

そして、この冬至を過ぎると少しずつ日が長くなっていき「太陽が生まれ変わる日」
ととらえられていたようです。

悪いことが続いたあとにようやく物事がよい方向に向かうことなど
陰が極まりまた陽に帰る日という意味の「一陽来復」とも言うようになりました。

「一陽来復」の日からは運気が上がりはじめると言われているので、そう考えると
冬至はとても大切な日ということになりますよね。

冬至の食べ物の風習

冬至にはゆず湯に入り、かぼちゃを食べるという風習があります。

なぜかぼちゃ??と思いませんか?

冬至は「一陽来復」の日で運気が上がると日と言われているため、
もっと運があがるように「ん」のつく食べ物を食べようということから
このような風習ができたと言われています。

かぼちゃは「南瓜なんきん」とも呼ばれているため「ん」がつきますね^^。

またかぼちゃにはたくさんの栄養があり、風邪などをひかないように
病気にならないようにとビタミンたっぷりのかぼちゃを食べていました。

また冬至にはゆず湯に入るという風習もあります。
ゆず湯も風邪予防のひとつと考えられていたようですね。

冬至は「ん」のつく食べ物がいいらしい!何があるの?

冬至にはかぼちゃ(南瓜)のような「ん」がつく食べ物を食べるといいというのはわかりました。

ではかぼちゃの他にはどんな食べ物があるのでしょうか。

確認していきましょう。

・南瓜(なんきん) かぼちゃ

・蓮根(れんこん)

・人参(にんじん)

・銀杏(ぎんなん)

・金柑(きんかん)

・寒天(かんてん)

・饂飩(うんどん)うどん

これらは冬至七種と言われていて、「ん」が2回入っているところからより縁起がいい
運気がアップする食べ物と言われています。

七種はビタミンやミネラル、食物繊維など身体を整え免疫アップしてくれるパワー食材ばかり。
寒い冬を乗り越え暖かい春に向かって健康を願う食べ物なのです。

スポンサーリンク

冬至は何食べると開運に繋がるの!? おすすめメニューは?

ほうとう

冬至といえば「ん」のつく食べ物が入っている(かぼちゃ、うどん、にんじん、こんにゃく)
ほうとうを食べると運が上がると言われています。

消化がよく栄養たっぷりのほうとうは寒い冬に風邪をひかないで元気で過ごすには
ぴったりの冬至の食べ物です。

いとこ煮

小豆で煮た「いとこ煮」も冬至に食べる縁起のいい有名な食べ物です。

ゆで小豆を使い煮たかぼちゃと混ぜ合わせるだけの簡単料理。

まとめ

いかがでしたか?

冬至の風習について深く知ることによって冬至の日の過ごし方が変わってきませんか?

「ん」がつく食べものを食べることによって、風邪をひかない健康な身体で過ごせる
ようにしていきたいですね。

そして春に向けて元気で心豊かにすごしていきたいものです。

今年の冬至はご家族で楽しく有意義な時間をお過ごしください。

関連:冬至っていつ?(2017年) ゆず湯やかぼちゃの由来を知ってる!?

スポンサーリンク